アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
fake tube
ブログ紹介
フェイク、コピー、偽者だって面白い!!
世界中のコピーバンドをコレクションします
zoom RSS

La Bamba

2008/02/17 08:22


かわゆすな〜

fake tubeを人気blogランキングへoneクリックplease
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1


It Wouldn't Have Made Any Difference

2008/02/12 14:00


Todd Rundgrenの曲をおじさんが渋く歌い上げる
Todd自身も一人ライブでこんな感じでピアノを弾きながら歌っていました

fake tubeを人気blogランキングへoneクリックplease
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


owner of a lonely heart (yes cover)

2008/02/11 05:35


ほっほー
YESをここまで完コピしますか
演奏がここまで完璧なわりには
衣装にはぜんぜん拘りがないみたいですね
何者か気になりますね〜

fake tubeを人気blogランキングへoneクリックplease
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


Time after time

2008/02/10 23:52


この子があまりにキュートなので再び登場となりました
今回はCyndi Lauperのカバーで
Time after time でございます
これがまたコーラスがいいんだわ

fake tubeを人気blogランキングへoneクリックplease
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


Walking On The Moon 2008 MiniskaPolice

2008/02/10 23:37


同じPoliceのコピーでも↓に投稿した子供とえらい違いだな
でも「ピッピラフ」が面白かったから合格!!

fake tubeを人気blogランキングへoneクリックplease
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


Roxanne Police cover

2008/02/09 23:47


凄いぞ!! 凄いぞ!! 凄すぎる!!!
世の中にはこんな子供がいるんだ!!
よく見てもらえば分かるけどベースもドラムもギターもコーラスも当然ボーカルも
全部一人でこなしてる
しかも多分これは原曲のキーと同じだな
正直脱帽です!!!

fake tubeを人気blogランキングへoneクリックplease
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4


MINDFIELDS (TOTO-coverband) - Goodbye Girl - Live

2008/02/09 22:11


今まで見て頂いた方々、コメントを頂いた方々には申し訳ありませんが
大好きなアーティスト達の著作権や肖像権などの侵害に関わる問題もあるので
本日からこのblogの方向性を少し(大きく)変更しちゃいます

youtubeを見いていて思ったのですが世の中には面白い偽者が沢山いるんだな〜
という事が分かったのでそんなオモシロコピーバンドの紹介blogに変えちゃいます

まっお暇だったらおつき合い下さいませ

第一回はTOTOのコピーですね
意外と上手い、プロかな〜

fake tubeを人気blogランキングへoneクリックplease
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


lobo - I`d love you to want me

2007/12/25 12:45


音楽が心に沁みたら人気blogランキングへoneクリックplease

邦題は「片想いと僕」
とにかく懐かしい曲だ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


Carpenters - We've only just begun

2007/12/23 09:26


音楽が心に沁みたら人気blogランキングへoneクリックplease

彼女の歌声は
意識せずとも身近にあったという感じで

「心が自然と受け止めていた」

そんな気がするのです
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


Syreeta - Cause we've ended now as lovers

2007/12/19 20:55


Jeff Beck-Cause we've ended now as lovers

音楽が心に沁みたら人気blogランキングへoneクリックplease

↓の投稿ではスティービー・ワンダーのSuperstition「迷信」を取上げましたが
実はこの曲にはある迷信?があるのです
この曲を作ったのはスティービー・ワンダー自身なのですが
本人のための曲ではなくジェフ・ベックの初期の頃のグループ
ベック、ボガート&アピスに提供するために作った曲だったのです
しかしスティービーはなんと提供したはずの彼らより早くこの曲を
自分のバージョンでリリースしていまい
しかも全米No1にしてしまったのです
それでは当然納得のいかないジェフにスティービーは後日
Cause we've ended now as lovers 「悲しみの恋人達」を贈ります
この曲、実はスティビーの奥さん(前夫人)シリータのアルバに
収録されている曲でボーカル(歌詞)のある曲なのです
(ジェフ・ベックのカバーはインストロメンタル)
私は以前からこのボーカルでの「悲しみの恋人達」を聞いてみたいと
思っていたのですが実はCDなどはすでに廃盤になっいていて
聴く事が出来ないでいたのです
しか〜し今回you tybeで発見してしまいました!!
恐る々聴いてみるとこれが中々素晴らしいのです
ちょっとオリビア・ニュートン・ジョンのようなハイトーンで透き通るように声に
美しいメロディー
やっぱりこの曲は良い曲だと再認識してしまいました
そしてこの曲をギター一本で歌いあげた(弾きあげた)ジェフベックも素晴らしい!!

今回はジェフ・ベックのCause we've ended now as lovers も貼り付けておきます
この演奏は1986年軽井沢プリンスのゲレンデに作られた特設ステージのもので
私もこの場所で実際聴いていました
ジェフはテレキャスターでこの曲を弾いています
彼はストラトでもこの曲を弾きますがストラトで弾く場合トレモロアームを使って
抑揚をつけるのですが私は断然アームなしのテレキャスで弾きまくるこの時の
「悲しみの恋人達」が好きで今でもこの時の演奏がベストだと思っています
余談ですがこの時のアンプのシステムは
フェンダーのチューブアンプ(ツインリバーブ)が4台で
そのうち2台にはRATのディストーションに繋いだ音が出ていて
他の2台はノンエフェクターの音が出ています
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


Stevie Wonder - Superstition

2007/12/19 14:36


音楽が心に沁みたら人気blogランキングへoneクリックplease

1996年の日本武道館のステージを観ました
アリーナのセンターにステージが作られていて
360度グルッとオーディエンスが取り囲むというかたちのステージでした
ライブ自体はとても落ち着いた感じの大人の時間といった雰囲気で
このSuperstition が始まった時立ち上がってしまった私は
周りから浮いた存在になってしまったのを覚えています



記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6


The Chantay's - Pipeline

2007/12/18 17:39


音楽が心に沁みたら人気blogランキングへoneクリックplease

あのテケテケテケのパイプラインは
ベンチャーズの曲だと思っている人が多いかも知れないけれど
本家はこのシャンティーズというバンドなのです
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


Huey Lewis & The News - Jacob's Ladder

2007/12/17 15:24


音楽が心に沁みたら人気blogランキングへoneクリックplease

ドームになる前の年
後楽園球場でHuey Lewis & The News のライブを見たことがある

彼らのライブはこの動画と殆ど同じでセッティングで
そこで繰り広げられたパフォーマンスは
痛快で爽やかでとてもパワフルだった
その爽快感は野外だったという事もあるかもしれないが
彼らの生み出すサウンドがそんな印象を強く残したのだと思う
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0


Steve Miller Band - The Joker

2007/12/16 07:16


音楽が心に沁みたら人気blogランキングへoneクリックplease

一度聴くと耳に残る歌声
そしてまた何度も聴きたくなってしまう歌声
そんな「神の声」を持っているのがスティーブ・ミラーだ
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2


JOURNEY - FAITHFULLY

2007/12/13 14:34


Journey - Faithfully (Cover by The Zoo)


音楽が心に沁みたら人気blogランキングへoneクリックplease

ジャーニーというバンドはバラードが上手くて
特に女性に人気のあったバンドだった
ギターのニール・ショーンはよくTOTOのスティーブ・ルカサー
などと比較されていたが
彼のトレードマークはギブソンのブラックフィニッシュのレスポールにトレモユニットを
組み込んだギターで実は私もコピー(ニール・ショーンモデル)を持っていたことがある
かといってジャーニーの曲のコピーをするわけではなかったのだが
なんとなくカッコ良かったから買ってしまったのだ
今回動画を探しているとそのジャーニーの曲をコピーするバンドを見つけてしまった
演奏は少々ズッコケる所もあるのだが
ボーカルが若い頃のスティーブ・ペリーそっくりの声をしている
素人のコピーパンドなど見る気は無かったのだが結局最後まで見てしまった
少ししらけた会場で演奏している所も自分の若かりし頃演奏していたライブハウス
みたいで共感が持てる
興味のある方は一緒に貼り付けておくので本物と聞き比べてみると
面白いかもしれません
ZOOという名前のバンドらしいのですが
探してみると他にも色々とコピーをした曲が並んでいました
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


The Cascades - Rhythym of the Rain

2007/12/11 18:03




Dan Fogelberg-Rhythm Of The Rain

Rhythym of the Rain邦題が「悲しき雨音」というこの曲は
私が中学の頃初めて買ったラジオからよく流れていた曲で
雨音と雷鳴から始まるこの曲はなんともリズムが優しくて心地よいのです
今でも雨の多い6月頃になるとカーラジオから聴こえてきたりする曲なのです

今回この曲の動画を探していみると
2005年にアレンジを変えて演奏されたものも並んでいたので
一緒に貼り付けておきます
中々気持ちの良い仕上がりになっているので
時間があったら聴きくべて見てください
上に貼り付けたものがオリジナルに近いアレンジです

それともう一つ
Dan Fogelbergという人がこの曲をカバーしている動画を発見したのですが
リズムセクションにはTOTOのメンバーが!!
気になる方はそちらもチェックしてみてくださいね
ただその動画には埋め込みのURLが無かったので
上のタイトルの部分かこの文字をクリックしてyou tubeにジャンプして見て下さい
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


Three Degrees-When Will I See You Again

2007/12/11 03:38


音楽が心に沁みたら人気blogランキングへoneクリックplease

彼女達の曲がテレビやラジオで頻繁に流れていた時代
私はまだ若すぎて彼女達の真の実力や魅力が分からなかった

今改めて聴き帰してみると上手いしそれにウツクシイ!!
近年はこのようなユニットのアーティストはいなくなってしまったが
その分今聞いても新鮮な魅力があふれている
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2


Deep purple - Child in time

2007/12/10 14:38



音楽が心に沁みたら人気blogランキングへoneクリックplease

ハードロックが生まれたての1970年前半のライブでは
観客はクラッシックのコンサートのようにRockを鑑賞していた
演奏する方もただ黙々と演奏していただけだ
照明もそれほど派手ではなく
楽器のエフェクターもシンプルというより無いに等しかった
だからこそアーティストは力量を問われた
ライブ盤の出来でバンドの優劣が決まったりしていた時代なのだ
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


Suzanne Vega - Luka

2007/12/09 04:54


音楽が心に沁みたら人気blogランキングへoneクリックplease

幼児虐待をテーマにしたこの曲は
Tom's Dinerとともに彼女のシンボルになる曲だ
来年(1月)には来日コンサート予定されている
しみじみと生の声を聴いてみたいアーティストだ
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


The Clash - Tommy Gun

2007/12/08 09:13


音楽が心に沁みたら人気blogランキングへoneクリックplease

何か新しいムーブメントが
渦巻くカオスの中から生まれてくる
そんな瞬間を音楽を聴く事によって
同時体験していた時代があった

行き場の無いエネルギーが爆発したようなその音楽は
一瞬で世界をのみ込んだ
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4


続きを見る

トップへ

月別リンク

fake tube/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる